いちご鼻の原因とは

いちご鼻になる原因というのはどのような事があるのでしょうか?いちご鼻というのは、ちょうどいちごの種がブツブツとしているように、鼻にブツブツが沢山出来てしまっている状態です。このブツブツの正体は角栓といいます。毛穴の中で皮脂と角質、そして埃などの汚れがたまり混じりあって固まったものが角栓です。角栓の中の皮脂は酸化して黒っぽくなっていくため、角栓は黒っぽく見えることもあります。酸化した皮脂は皮膚に刺激を与えて、皮膚はその刺激を防ごうとしてメラニン色素を産生し、黒ずみができてしまうこともあります。この毛穴の周りの皮膚がくろずみになってしまう事で、より角栓が目立ちいちご鼻の状態が目立つようになってしまうこともあります。皮脂は通常であれば毛穴に溜まるということがありませんが、ターンオーバーの乱れで皮膚が硬くなり毛穴の出口が塞がれてしまったり、皮脂の過剰分泌が起こるということで毛穴に溜まってしまう事があります。その結果、毛穴に溜まった皮脂に新陳代謝によって剥がれ落ちた角質が混じり、大気中の汚れが入り込み、それらが固まってしまい角栓となるため、この皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れがいちご鼻のおおもとの原因になるということが言えます。このようなことが起こる理由は、生活習慣の乱れやストレス、皮脂を過剰に洗い流してしまうことで皮膚内部が乾燥するといったさまざまな原因があります。