鼻のブツブツを綿棒でとれる方法

鼻のブツブツは基本的には無理やり押し出して取り除くという方法は行わない方が良いといわれていますが、やはり気になるのですぐに取り除きたいと思いますよね。その場合には、綿棒を使って取り除いてみるということがお勧めになってきます。まず洗顔をして保湿をしてから、綿棒にマッサージ用のオイルを染み込ませます。アルガンオイルやホホバオイルなどお肌に優しいオイルを使うようにしましょう。オイルが染み込んだ綿棒の先を、鼻のブツブツが気になるところで転がしてみたり、撫でてみたりします。決して力を入れないように優しく行うことがポイントになります。綿棒の先端は柔らかく、また過剰な力を入れにくいので、綿棒でマッサージを行うことで過度な力が入りにくくなります。また綿棒は細かい部分にもしっかりとフィットするので、鼻の周りなど指の腹ではなかなか難しい部分でもしっかりとマッサージを行うことが出来ます。ある程度皮膚が柔らかくなってきたら、綿棒の先で毛穴に詰まっている角栓をきゅきゅっと押し出してみましょう。これで面白いほど角栓を取り除くことが出来ます。どうしても頑固な角栓がある場合には、2本の綿棒で挟み込んできゅきゅっと押し出してみてください。ただ、あくまでも無理やり押し出すのではなく、優しい力できゅきゅっと押し出すというのがポイントです。あまりにも力が必要な場合には、皮膚に負担がかかりますのでもう一度マッサージをしてみるか諦めることも必要です。